子育て情報局 おのみちしるべ

    おのみちしるべは尾道のママたちで作る、子育て情報サイトです。
   地域の情報もりだくさん♪みんなで楽しく子育てしましょ^ ^
   お問い合わせはこちらまで→onomichishirube@gmail.com
10月

ナチュラル防災セミナーのご報告

今回は、先月9月に福祉センターで行われたナチュラル防災セミナーのご報告です。
遅いっ遅すぎるご報告になっちゃいました!

防災セミナーで2時間ビッシリって、ちょっと長すぎるかも…っという私の究極の本音を、見事に打ち砕いてくださった、講師のあんどうりす先生❤️
楽しいトークなのにポイントは盛りだくさんで、まだまだ聞いていたい内容でした。
そして、私がいかに防災に無頓着かをあらためて思い知ったのです…。

「防災って、あの銀色の防災リュックを買う事じゃないんですよ〜」っと先生。はい、楽天市場で安いのないかな〜安くて1万。高い(T ^ T)。やめとくか…。という私は、変な汗をかきながら始まった講演です。

みなさん、実際に、今、地震、大雨、火災などの災害に直面したら、子供と一緒に安全に逃げられますか?逃げた先で必要なものは持ってでられますか?
この質問に自信を持ってイエスと答えられる様になるための講座でした!
先生のお話全部伝えた〜いですが、盛りだくさん過ぎてムリっなので、一部を紹介しますね。私が、これ知って良かったあっと特に感じた3点について書きますね✒️

⭐️カバンに入れておきたい命を守る5点セット
1.緊急地震速報をキャッチできるツール
アプリではYahoo防災速報アプリは津波警報やゲリラ豪雨のお知らせもある。

2.ホイッスル
素早く助けてもらうために必須。玉入りのものは雨や水濡れで音が出ません。
今回の講習会参加者には、イクちゃんより、小さな息でも音がなる特注のホイッスルをお土産で頂きました!

3.LEDライト
電池の減りが少ないLEDに。避難の時には両手が空くヘッドライトがよい。最近ものはとてもコンパクト!
子供の耳 かきの時には大活躍^_^

4.マルチツール
ハサミや爪切り、ピンセットなどが一緒になって携帯できるようになっているツール。
とげぬきやタグ切るときになど子育てにも役立つ、だから災害時にも役立つ!

5.知恵のある自分自身!
知恵とは、応用力のこと!例えば、オムツがない…そんなときにオムツの仕組みをしれば、回りにあるもので作れ
る。オムツは外側が防水、中は吸水の組み合わせ。外にスーパーのレジ袋、中にサラシの切れ端でも作れる。
ナプキンも同じ。

⭐️ママバックの中身は、赤ちゃんが日々必要なものが揃っているので、それにひと工夫して防災仕様に。
おむつ替えシートを断熱素材のものに(アウトドア用品店とかに売ってる断熱マット。プチプチや段ボールでもOK。)
使用済みおむつ入れもしっかりとした防水バックにしておくと、いざという時には、バケツの代わりになる。

⭐️揺れると重い
子供をおんぶするのも抱っこするのも、カバンも、リュックも、身体から離れてブラブラしちゃうと重たくなって
しまう。密着させることが重要!避難時も、とにかく子供も荷物も自分に密着させること。

子供が遠足とかに持っていく水筒も同じ。水筒ぶらんぶらんしてるのってよくありますよね。
なるべく肩紐を短く してあげてると負担が軽くなるそうです

おんぶに関して、腹帯の半分の長さで、密着して上手におんぶ出来る方法をネット動画で見られるので、ぜひ!
(あんどうりす おんぶ 動画)で検索すると 出てきますよ

っとツラツラ箇条書きにさせてもらいました!

ここで申し訳ないことが…あんどうワールドに引き込まれて夢中で話を聞いていたら、気がつけば講演会は終わっておりました。
そっ、そうです、写真がない(T ^ T)
やってしまいました。
そこで、最後に先生が持ってこられていて、会場の方に見せてくださったグッズを何点か撮ってみました。

一番最初の写真は、ライフジャケット。海やプールでは必ず着用だそうです。浮き輪はすっぽ抜けると溺れるのでNG。豪雨時の避難でも使えます。
image

次はホイッスル。ひろしま夢財団さんありがとうございます^_^
image
ヘッドライトは最近おしゃれでコンパクト!なぜかうちの子の消防車も写ってます…
image

マルチツールはかなりのすぐれものだそうです^_^
image

尾道はなんだか温暖で、豪雨も地震も少ないし、正直気が緩みますよね?でも想定外が起こるのが昨今の日本です。
備えあれば憂いなしですね〜

この記事がお役に立てれば幸いです❤️

by とも

お芋ほりしました。

5月に苗植えして、育ててきたさつま芋を、メンバーで掘る日がやってきました!
さあ、この茂った葉っぱとツルの下には、どれほど巨大&膨大なお宝が眠っているのか?(芋ですが)
大人5名&キッズ8名&ベビー1名で捜索開始です♪

IM001
IM002

まずは長々と伸びている蔓と葉っぱを、ハサミ、もしくは軍手でワイルドに除いてみます。
そして茎の根元をスコップや手で掘りすすめると、

IM005

紫のお芋の頭がにょっきり見えてきました!
「あ、これ絶対大きい!」
「お~、これもよぉ、すごいデッカイでー!」
子どもたちがにぎやかな声をあげて、見つけたお芋の掘り出しに一生けん命です。
ママたちも、少しでもたくさんのお芋を土の中から発見しようと、必死!
そして、獲れました! 

IM006
IM007
赤ちゃんの頭くらいでーっかいのもあれば、
全然育ってなくてなんか紫色の茎?みたいな状態のもあって、
形もさまざま。

IM008

芋にも個性がいっぱいで見てると楽しい!

そして、土に触って自分たちが食べるものを掘り出すのって、なんかいいですね~。
掘ってる途中で、バッタや幼虫、ムカデやトカゲ、いろんな生き物も出てきて、
そのたびに、逃げたり捕獲したり(網持ってきてる子もいたりね)、
捕まえた虫やトカゲをこれまた小さい子が興味津々で覗いていたり。
以前は虫が苦手だった子が今年は平気でバッタやトカゲも触っていたりして、
これにもびっくり。
IM010

自然の中で身体を動かしながらのおしゃべりも、人数がいてこその楽しみです♪

さて、獲れたさつま芋のお山を前にママたちが仕分け作業をしているあいだに、
子供たちは畑でまたまた別の楽しみ方をしてました。

大きな砂場に変身♪ 土が柔らかいから掘りやすいんだね。
みんなで集まって、道つくってトンネルあけて、池もある?
「これ、虫の住むところなんよ」
なるほど~、力作。
崩すの勿体ないくらいだねえ。写真に撮っておきましょうね。
IM011

「じゃあそろそろ、巨人がきまーす」(私)
「わあ、巨人の足だー!」
「進撃するよぉ?」(私)
「うおー、進撃されたー」
「うん、でも虫さんは大丈夫」
こんなやり取りをしながら畑は平らに戻り、芋ほり作業は楽しく終了。

IM012

掘ったお芋はメンバーで分けたり、お楽しみとしてクッキングに使います。
その時の様子や料理のレシピは、またUPしますね。

by ちー